6年後の未来

‪ 「未来からお礼を言われる、素敵な過去になりたいものです」〜JR東海より

 

12歳。

 

卒業で関わった子達を責任を持って、3年後、そのまた3年後まで見守りたい。

 

自分たちが当時取り組んでいたこと、自己満足にならぬように。

 

そんな想いから始めたこのイベント。

 

彼らは、運動会はもちろん、試合数の変更、被災地訪問の一期生でもあります。

 

 

 

在籍者のほとんどが参加してくれたことが、今の自分たちの決断をさらに後押ししてくれました。

 

子どもは嘘をつかない。

 

また、かながわクラブ、CFFC、横浜ジュニオールの皆さん。

 

集まるチームがいなければ、成り立たない今日というこの場。

 

 

本当にありがとうございました!

 

 

関連記事