指導方針

大豆戸FCの指導方針

 

1、子どもの立場にたった指導の実践
2、1人ひとりの成長、発達段階にあった指導の実践
3、1人ひとりの対して適切な目標をたて、そのプロセスを重視した指導の実践
4、社会に求められる人間の育成
5、地域社会との連携、つながり
6、仲間を感じ、他者を思いやることの大切さを学ぶため、チームワークを重んじた指導の実践
7、経験、体験重視の指導の実践
8、自ら取り組む 「やらせるサッカーではなく」「自らやるサッカー」

何かをしなければならない のではなく 何をしたいかを明確にもとう!

 

子どもたちが主役です、指導者や大人が主役ではありません。
指導者と子ども双方向におけるコミュニケーションを取りながら、子どもたちの力を”引き出す”ことを最優先に考えます。

関連記事